夢のない絵

yumenonaie.exblog.jp ブログトップ

アイドルマスター14話感想

このアイマスは小さな女の子が見ても楽しめる内容だから土曜夕方とかにやればいいと思う。



「変わりはじめた世界!」
なんだか今回は凄く短く感じた、2の大きな流れであるライバルの妨害が初めてクローズアップされる。
1話と同じく春香が自転車で駅に向かい、電車に乗るシーンから始まる。春香の住む街のモデルは二ノ宮らしいです。
やよい回の風景もモデルがあってやよい宅も実際に存在する民家のようです。
正式に許可貰ったんだろうなーとか考えてしまいます。
1話では駅の改札を通ったところで転けていたが、今回はつまづいただけ!凄い成長っ!
でも今回までは毎朝転んでたってこと?
電車の中刷りには週刊誌に765プロのアイドル写真が載るとの広告が。総力特集とか書いてあるし、
よく見たら竜宮を除く9人だけ。春香もそれを見て少し誇らしげだ。
駅で人が乗ってきて少し増えてくるとなんとメガネをかけ帽子を被って変装!
もうそこまでしないといけないくらい有名なんだと面食らった。だってまだ満員ではなくまばらな状態じゃないか。
その驚きも束の間、池袋か新宿駅にあるような長い通路一面に765プロオールスターズの一枚目のアルバムの広告が。
あれは広告費凄そうだ。事務所に着くと誰もいない、ホワイトボードにはびっしりと詰まったスケジュール、
事務所で暇していた今までとは状況が違うことがわかる。小鳥さんがテレビを付けるとやよいが単独で料理番組をやっている。
これモチーフ絶対まいんちゃんだな!
OPが凄すぎる…。1クール目のOPは、大事なライブを皆一丸となって乗り切る時の不安や期待を強調した内容だったが、
2クール目は仕事に幅が出てそれぞれが別の場所で活躍している多様さが出ている。
アイドルの中でも千早の歌に対する情熱は際立つからか、
少女の頃の千早をステージに立つ今の千早の後方にダブらせる演出があった。
サビ直前のカウントダウンあたりからやよいパンまでの動きが気持ち良すぎ!前のOPより3倍くらい好きになりました。
雑誌の表紙の仕事で皆果物を模した衣装を着る。こっちはAKBが野菜ジュースのCMで着てたやつに酷似。
雪歩はミュージカルの稽古が忙しいと貴音に語る。千早は新しく曲を聴きながら生き生きと話している。
「皆それぞれ新しい分野に挑戦できるようになりました」という春香の説明、恐らく千早のソロ曲だろう。
やったな千早…4話見てからこの子だけは行く末心配していたが、軌道に乗ったようで何より。
美希はPをハニーと呼ぶようになる。これは美希ルートに入ったというより
アイドル全体的にPを信頼し始めていると捉えるべきだろうな。一つの現象としてのハニーだと思う、
けどこの呼び方と美希が短髪茶髪になるのって勝手にセットで考えていたけど、このタイミングで切らないのは
ずっとこの髪ってことかな。ビジュアル面で考慮したのかもしれない。
既にAKBばりの勢いに乗ったコースを辿っている風に見える。
実は敏腕だった吉澤さんがライブを記事にしたことで話題になり人気が上がったらしい。
今回はジュピターを売り出している961プロが動き、テレビ番組雑誌の表紙の仕事を横取りした話。
黒井社長は765プロの社長とはアイドル業界の同僚だったが意見の食い違いで袂を別った過去があり、
他アイドルを潰すためには手段を選ばない。765プロのアイドル達は仕返しをしたいとPに訴えるが、
アイドル達には仕事に専念して欲しいとなだめ、社長や律子と共に961プロ対抗の意を固める。
帰り際、沢山のファンレターを見ていると気分が晴れてくると同時に、自分達が一番すべきことが見えてくる。
ファンの期待に応えるためにも明日からの仕事に向けて円陣を組み気合いを入れる。
…OPと言いチクチク引っ張るなぁ。
ファンが弟と一緒に写る写真を気にしてしまう千早、やはり今クールで千早の過去関連の話はやるだろうな。
今回はまだ序の口で今後もっと取り返しのつかないくらいの妨害を期待したい。
来週は生放送中に事故が起こる話?前みたく収録じゃないから失敗したら空気を読まないどころじゃ済まない規模の失態になるな。
[PR]
by uri-yousuke | 2011-10-11 04:36 | アニメ

洋画、アニメ、ラジオが好きな男児


by uri-yousuke
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30